障害福祉サービス事業所

どんぐり工房

どんぐり工房について

基本方針

特定非営利活動(NPO)法人ワークセンターいちいは、就学を終えた一般就労が困難な人あるいは在宅を余儀なくされている人が、生まれ育った町の中で生きがいを感じながら社会の一員として生活が送れることを最重要課題とし、

「日中活動の場」「生活の場」「余暇・社会参加の場」

という3つの機能を確立していく。

法人の理念

1.人としての尊厳でもって、一人ひとりの権利を尊重し、利用者の主体性及び自主性の確保に努める。

2.住み慣れたこの町の中で、生きがいを感じる暮らしの確立を目指す。

3.利用者とその家族の想いや願いを共有し、安心を提供出来る支援に努める。

 

どんぐり工房の歴史

平成13年1月   瑞浪市手をつなぐ育成会による通所授産施設設立準備会発足

平成14年4月   小規模作業所どんぐり工房開設

平成15年4月   瑞浪市より事業委託を受ける

平成18年9月   特定非営利活動(NPO)法人ワークセンターいちい設立

平成22年11月 岐阜県障害者自立支援基盤整備事業費補助金交付決定

平成23年2月   新施設竣工

平成23年3月   障害福祉サービス事業者登録

平成23年4月   就労継続支援B型   定員30名事業開始

平成24年4月  生活介護事業      定員10名事業開始

          就労継続支援B型    定員20名

平成25年4月  就労移行支援事業   定員10名事業開始

          生活介護事業      定員10名

          就労継続支援B型   定員15名

平成25年10月 日中一時支援事業    定員5名 事業開始

平成27年4月  生活介護事業      定員15名

          就労移行支援事業    定員10名

          就労継続支援B型   定員15名

平成29年4月 共同生活援助(グループホーム開設準備中)

経営事業者

ページトップへ戻る